「小かぶ」と「大かぶ」

  • 2018.12.01 Saturday
  • 17:02

皆さま、おはようございます。
「蓮の葉にしずく。」です。

いよいよ師走!12月を迎えてしまいました。
この一年は、「蓮の葉にしずく。」のオープンという、
私とっては、嬉しい一年となりました。

その嬉しい思いを、皆さまにお礼させていただきたく、
「お歳暮に高級お野菜の詰め合わせギフトはいかがですか?」
と、10%オフキャンペーンを行っております。

 

.
お歳暮に、年末のご帰省のお土産に、ご利用くださいませ。


さて、今日ご紹介するのは、「小かぶ」「大かぶ」です。
「蓮の葉にしずく。」は大阪にございます。
大阪では、「かぶら」…「かぶ」の後ろに「ら」がつきます。
お店のポップにも、「小かぶら」だとか「大かぶら」と、
記載されているお店も多いかと思います。

 



実はこれ…大阪弁。

昔、「大かぶ」の名産地、福岡県出身の方が事務員さんとして入られてきました。伝票表記の「かぶら」を、何の商品かわからず。
「…これってもしかして、『かぶ』のことですか?」と聞かれ。
私も初めて、大阪弁であることを知りました。

お野菜の名前にも方言があるとは!

小かぶの名産地としては、やはり、石川県産。
大かぶの名産地としては、先ほど書かせていただいた、福岡県産。

 



お漬物にしていただくのは、もちろんですが、
私がよくオススメするのは、クリームシチューに入れていただく。
身が柔らかいので、時短にもなりますし、ホクホクしておいしいのです。

今は大根がお安い時期なので、かぶを買われる方も少ないかもしれませんが、大根が高い時期には、是非、かぶを代用していただくことも、
オススメいたします。

 



かぶは、葉っぱも、とーーーっても美味しいので、
菜っぱごはんや、ゴマ油でいためていただいて、葉物の代用として使っていただいたり、私は、おじゃこと和えたりするのも好きです。
かぶの身と、りんごを一緒に浅漬けにしていただくと、フルーティーで美味しいです。

すべて食べきることができる、「小かぶ」「大かぶ」冬の強い味方です。
是非、ご賞味ください♡

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM