和歌山県産「紀州うすい」が美味しい♪

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 12:31

 

 

こんにちは。「蓮の葉にしずく。」のアソウです。

 

大阪市中央卸売市場本場の老舗店が厳選する高級野菜をお届けしております。

 

 

春の時期旬の「うすいえんどう」ですが、

 

当店ご注文のお客様には和歌山県産「紀州うすい」をお届けしております。

 

 

ふっくらと大きく育った実は綺麗な若草色で、ホクホクと甘いのが特長です。

 

グリーンピースと比べて皮が薄く青臭さも少ないので

 

食べたとき口に残る皮と青臭い風味が苦手、という方やお子様にも食べやすいお野菜です。

 

 

新鮮なうすいえんどうは、サヤのままオーブントースターで焼いたり、

 

塩ゆでするだけでも美味しくいただけます。

 

 

グリーンピースに似ているけれど食べてみるとその違いは歴然!

 

柔らかい食感と甘味がありホクホク感があって味の濃い「うすいえんどう」です。

 

 

 

うすいえんどうは鮮度が決め手。

 

収穫後、流通に日数がかかってしまうと味が落ちてしまうため、

 

和歌山県産「紀州うすい」は主に京阪神に出荷されていて、

 

関西地域以外ではほとんど流通していません。

 

 

 

 

豆ごはん (2合分)

  • 米 … 2合
  • えんどう豆 … さや付きで150〜200g(正味約75〜100g)
  • 塩(自然塩) … 小さじ1と1/3

 

 

上記一緒に混ぜて炊飯器の普通コースで炊きます。

 

お好みで炊き上がったら酒大さじ1/2を全体にまわし蒸らします。

 

 

 

やっぱり豆ごはん、美味しいですよね。

 

豆だけをゆでて炊けたごはんに後から混ぜる作り方もありますが

 

多少色が悪くなっても私は豆とお米を一緒に炊く派です♪

 

豆本来の味がしっかりお米になじむので風味豊かにいただけます。

 

 

いかがでしたか?

 

春の彩りにかかせないうすいえんどう。

 

京阪神にお住まいの皆さま、

 

スーパーなどでもし「和歌山県産」を見かけたらぜひ買ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM